シベリアの永久凍土に生きるカラマツ、開発の歴史

ROOTS

シベリアの大地

タキシフォリンとは

タキシフォリンは、酷寒の地シベリアの永久凍土に生きる樹木から抽出・生成されています。その樹木は「カラマツ」。夏はプラス40℃、冬はマイナス60℃にも達するこの地で、数百年の寿命を持つ驚異の植物です。シベリアの先住民族は、カラマツの皮を剥ぎ、木部を削り、馬乳や魚粉を混ぜて煮出したスープを飲んでいたことが記録されています。カラマツは太古より、病気を遠ざける栄養豊富な薬用植物として、利用されていたのです。現代でも、シベリアの人々はカラマツに敬意を込めて「神の樹」と呼んでいるそうです。


チュカーフキナ博士

タキシフォリン抽出法の開発者 チュカーフキナ博士

N.A.チュカーフキナ博士は、フラボノイド分野での先駆的な基礎研究の創始者として世界的な研究者です。ソ連科学アカデミー・シベリア支部のイルクーツク有機化学研究所の天然化合物実験室長として、カラマツやその他の樹木に含まれるフェノール化合物の研究に重点的に取り組みました。独自の方法を用いて、60種類以上の天然フェノール化合物を分離しました。その中の1つがタキシフォリンだったのです。

タキシフォリンの薬理研究

1977年、チュカーフキナ博士は、カラマツの木部からの抽出物(タキシフォリン88%含有)を医薬品や機能性食品として利用するための研究を開始しました。それから二十数年の間に、ロシアを代表する多くの研究者との共同研究で、タキシフォリンの安全性(毒性試験)、薬理研究、臨床研究が重ねられました。そしてロシア連邦保健省は、カラマツエキスを毛細血管保護剤、及び抗酸化剤として医薬品承認しました。
その後、サプリメントに配合可能な機能性食品素材として、また食品の品質向上剤として広く使用されるようになりました。

タキシフォリンの効果

EFFECTIVENESS

健康な生活に欠かせない、血流改善と抗炎症

私たちの体内には、地球2周半(およそ10万km)もの血管があり、その中を5リットルの血液が常に循環しています。
この循環システムのおかげで、酸素や栄養を体全体に届け、体温を維持し、ウイルスなどの外敵から体を守ることが出来るのです。
タキシフォリンは、強力な抗酸化力と抗糖化力により、過剰な炎症を抑制し、血管と血流を健康な状態に保つことで、様々な疾病の予防・改善効果が期待されています。

タキシフォリンの機能性

FUNCTIONNALITY

タキシフォリンの機能

安全性試験

急性毒性試験、亜急性試験、慢性毒性試験、生殖発生毒性、変異原性試験、遺伝毒性試験、細胞毒性

安全性認証

 
2005 日本 厚生労働省 厚生労働省が食品として承認
食品表示名称 「カラマツ形成層・木部抽出物」
2009 米国 アメリカ食品医薬品局 「GRAS」認証
2016 欧州 ノベルフード 「Novel Food and Novel Foods Ingredients」認証
TOP